top of page

ABM戦略の具体例:戦術的アカウントベースドリード獲得

ABM戦略(Account-Based Marketing)は、企業が特定のターゲットアカウントに焦点を当て、パーソナライズされたアプローチを通じてリードを獲得する戦略です。この記事では、戦術的なアカウントベースドリード獲得の具体例について解説します。



営業


1. ABM戦略ターゲットアカウントの徹底的な選定

ABM戦略の出発点は、緻密なターゲットアカウントの選定です。業界や収益のポテンシャル、過去の取引履歴などを考慮し、リソースを集中してアプローチする価値のあるアカウントを特定します。


2. パーソナライズされたコンテンツの作成

選定したターゲットアカウントに対しては、一般的なコンテンツではなく、特定の課題やニーズに合わせたパーソナライズされたコンテンツを作成します。ウェビナー、ホワイトペーパー、およびビジュアルコンテンツなど、多様な形式でアプローチします。


3. ソーシャルメディアでのアカウントターゲティング

LinkedInやTwitterなどのソーシャルメディアプラットフォームを活用し、ターゲットアカウントにリーチします。広告やオーガニックな投稿を通じて、特定のアカウントに対してメッセージを届け、関心を引きつけます。


4. メールキャンペーンの展開

パーソナライズされたメールキャンペーンは、ABM戦略において強力な手法です。セグメントごとに異なるメッセージを構築し、特定のアカウントに価値を提供する内容を重視します。アクションを促すためのリンクやCTA(Call to Action)を組み込みます。


5. インフルエンサーの活用

ターゲットアカウントに影響を与える可能性のある人物やリーダーがいれば、その人物を巻き込んでアプローチします。彼らの信頼性や影響力を活かし、ターゲットアカウントとの信頼関係を構築します。


6. イベントやウェビナーの開催

特定のターゲットアカウント向けに、専用のイベントやウェビナーを開催します。これにより、直接的な対話や情報共有の機会を提供し、相互の理解を深めることができます。


7. ダイレクトメールの活用

デジタル手法に加えて、ターゲットアカウントに対しては伝統的な手法も有効です。手書きの手紙やプレゼントを送り、物理的なアプローチを通じて印象を残します。


8. データの分析と改善

ABM戦略の成果を評価するために、データ分析が欠かせません。キャンペーンの効果をモニタリングし、クリック率やコンバージョン率を分析して戦略を改善します。


9. ターゲットアカウントとの持続的な関係構築

リードが獲得された後も、顧客との関係を深める取り組みが不可欠です。定期的なコミュニケーション、カスタマーサクセス活動、およびフィードバックの取り込みを通じて、持続的な信頼関係を築きます。

これらの具体的な戦術を組み合わせることで、ABM戦略はより効果的にアカウントベースドリード獲得を達成し、長期的なビジネス成果を生むことができます。

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page